2013年01月18日

Exif情報を読み取る(1) 専用ソフト「Exif Reader」

 デジカメ画像には、画像データだけでなく撮影時のさまざまな情報である撮影データが収録されています。たとえばデジカメの「製品名」を筆頭に、「撮影日時」「F値」「シャッタースピード」「ISO感度」「焦点距離」など、これでもかというほど多くの情報が詰め込まれているので驚いてしまいます。その撮影データのことを「Exif」情報といい、メーカーの異なるデジカメでも共通のフォーマットで収録するようになっています。

「ExifReader」は、「Exif」情報を閲覧するための専用ソフト。正式名「ExifReader デジカメデータ解析ツール」。サムネールの一覧表示はできませんが、同一フォルダ内で任意の1枚を指定すれば、「次のファイル(Alt+→)」「前のファイル(Alt+←)」でスピーディにフォルダ内のデジカメ画像を交換表示することができます。

 特筆すべき点は、一部のメーカーが独自に拡張した撮影データでも一瞬のうちに解析することができるところ。さすが「データ解析ツール」というだけあって本格的です。

 テキスト形式だけでなくCSV形式でも保存することができるので、表計算ソフトなどで撮影データを管理することが容易になります。


「Exif Reader デジタルカメラデータ解析ツール」(Exif Reader V3.50)
http://www.rysys.co.jp/exifreader/jp/index.html

※ダウンロードページから「Exif Reader 3.50 スタンドアローン」をダウンロード。

049-01_ExifReader.jpg 
「Exif」情報表示に特化したソフトなので、情報表示欄はビッグ。もっとも知りたい「F値」や「シャッタースピード」などの情報は、見やすいように背景が黄色で表示される親切設計です。

049-02_ExifReader.jpg 
サムネール欄に目的のデジカメ画像を表示させたら、[情報]→[テキスト形式で保存]をクリック。「Exif」情報満載のテキストファイルが保存されます。

049-03_ExifReader.jpg 
ダウンロードページにある「Exif Reader 3.50 プロパティ」をインストールすると、画像ファイルのプロパティからExif情報を確認することが出来るようになります。サムネール画像とともにExif情報一覧が表示されます。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | Exif情報を読み取る

2013年01月19日

Exif情報を読み取る(2) 「ViX」(フリーソフト)で一覧表示

 デジカメ画像のサムネール一覧表示や、整理整頓、印刷などをこなす「統合画像ビューア」。最初にフォルダ内のデジカメ画像を表示するときは、少々、時間がかかるのですが、2回目以降は圧倒的なスピードで表示することができます。なぜなら、1回目の読み込みの際に画像カタログファイルが作成されるからです。

 本来はデジカメ画像閲覧を目的にしたソフトですが、「スライドショー」「動画の確認」「アルバム作成」など、便利な機能が満載。もちろん、撮影データである「Exif」情報の表示とテキストファイル保存も完璧で、フリーソフトとは思えないほど充実したソフトです。

VECTOR「ViX - エクスプローラ風統合画像ビュアー」
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se083112.html

050-01_ViX.jpg 
「ViX」をエクスプローラ風に表示させてみました。他に、全体をサムネールで埋め尽くすアルバム風や、詳細表示付きのエクスプローラ風なども設定可能です。

050-02_ViX.jpg 
撮影データを表示させるには、任意のサムネール画像を選び、マウスの右クリックで表示されるメニューから[プロパティ]をクリック。「Exif」情報の表示は、よく整理された見やすいレイアウトです。同様に、保存されるテキストファイルも見やすいのが特長。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | Exif情報を読み取る

2013年01月20日

Exif情報を読み取る(3) 詳細データなら「Jpeg Analyzer」

 より充実したExif情報を表示させるには「Jpeg Analyzer」の右に出るものはありません。一般情報はもちろんのこと、メーカーの独自情報の解析ぶりは見事です。

 たとえば [画質設定][手ぶれ補正][シーンモード][製造番号][縦位置検出機能][赤ちゃんモードの誕生部設定]など、機種特有のExif情報を満載表示。さらに、さまざまな表示の仕方を設定可能なので、自分流のExif情報表示ソフトにすることも可能です。

 もちろん、表示されたExif情報はコピー可能。必要項目、あるいは全文を範囲指定し、右クリックメニューのコピーコマンドでクリップボードにコピー。いったんクリップボードにコピーされた内容は、ワープロソフトなどに貼り付けることが可能です。

「JpegAnalyzer Plus」
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se257653.html

051-01_JpegAnalyzer Plus.jpg 
「JpegAnalyzer」で解析した結果(前半)。 [コントラスト][彩度][シャープネス]など、メーカー独自の設定項目も解析されます。

051-02_JpegAnalyzer Plus.jpg 
解析結果の後半です。一部、前半部分と重複する項目もありますが、[ホワイトバランス][フォーカスモード][シーンモード][フラッシュ補正]など、きめ細かな設定内容が解析されています。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | Exif情報を読み取る